劣等感。


劣等感が消えない。消せない。

これまで自分が長所や個性なんかと信じてたものは、そんなもんじゃ無く、僕の周りの素晴らし過ぎる人達の長所だった。

僕は昔から変わらず何も持って無いチビだ。

逃げられる暖かい場所すらも自分で消してしまった能無しだ…



劣等感に押し潰される…死にそうなくらいに苦しく、もがけばもがくほど情けなく辛く、ただ苦しい。
[PR]
by yusuke_0328 | 2007-08-12 23:35


<< 夢から醒めて 憤り。 >>