2006年 07月 31日 ( 1 )

タイミング

話にはきいている

いくらたくみに球を打っても限界があると

人間技はしょせん人間にやぶられるものだと


それよりも

球は一球一球生きている
かならずとびたいコースをもっている

その球の心を読んで

そのとおりにラケット面をつくってやったとき


球はけっして人間技ではかえせぬ死角をついてとぶのだと


・・・

いかにテニスを見るかということは
いかに人生を見るかということだ

・・・


一球一球大切に、一秒一秒大切に
 
[PR]
by yusuke_0328 | 2006-07-31 09:16