9月24日(土)1日目① 「最高のたびの悲惨な出発」

朝4:45に起きて準備、出発。早すぎて体が動かない…。
Aに送ってもらいキャンベラ空港へ。
空港ではかなり長い列が。ちょっと焦りながらもチェックインしてゲートを通ると警備員に取り押さえられました。

「あ、やべ、俺ナイフ持ってた…。」

アホやな。ま、もちろんテロとかに間違われることとかはなかったのですが、ナイフは没収…。小さい頃から気に入ってたのに…。トホホ。

そんなこんだで乗り込んだメルボルン行き小さな飛行機。
ほっと一息、朝ごはんを食べている時に青白い顔をした隣の若者が話しかけてきました。

「ねえ、これにしていいかな。」(英語ではっきりと覚えてない。意訳。)

見ると紙袋を持っています。ハッと直感した俺は「いいよ。」といいました。
その次の瞬間、ホゲー、ホゲーっとジャイアンの歌のように吐き続けました。
あまりにも辛そうなので、スチュワーデスさんを呼んであげました。その後彼はトイレに連れて行かれ、そこでほとんどの空の旅を楽しみましたとさ。
ああ、せっかくの朝ごはんが…(泣)

メルボルンで降り、すぐにアリススプリングス行きの飛行機に乗り換えるはずが、ここでもトラブル…。飛行機のメンテナンスだかなんだかで遅れ、結局空港で3時間待たされました。

なんだかんだで出発し、2:00にはアリススプリングスに降り立ちました。
暑い!!マジで暑い!!夏男の俺はかなり嬉しくなりました。
お金を払ってシャトルバスに乗ろうとしたところ、明日からのツアーのバスを発見し、お願いしたところ無料で乗せてもらいました。ラッキー!!

ホテルでチェックインして部屋に入ると先客が。話しかけて友達に。
メルボルンから来てるS、明日からも一緒になるみたい。
二人で一緒に街の探索に出かけました。ご飯を食べたり、観光してホテルに帰りました。

うし、ようやく楽しくなってきた!!(続く)
[PR]
by yusuke_0328 | 2005-10-09 21:26


<< 9月24日(土)1日目② 「地... 男なら、 >>