2005年 10月 31日 ( 2 )

眠れない夜

頭の中で言葉たちがわめく
意味のない奴らの主張は、いつだって自由にしろっていうこと

だから無駄に俺はパソコンに向かって奴らを打つ
眠いのに…
俺の心から飛び出したって誰もお前らのことなんて気にしないよ
所詮、どっかから寄せ集められたありきたりの言葉たち

それでも奴らは自由になりたがる

なぜって?

言葉たちはこの世界から俺の中に飛び込んできた奴らだから
もといた場所に戻りたいって思うのは当たり前のことか

意味がわからねえな…、ごめん
でも、また今夜も俺の頭ん中で奴らが叫んでる

俺をここから自由にしろ、って・・・。

うっせー!!もう寝てえからいい加減、黙れ!!
[PR]
by yusuke_0328 | 2005-10-31 13:08

永遠の航路

これは群れから外れた、たった一頭の小さなイルカの旅


青く、どこまでも続く大海原を、

僕は泳ぐ

この小さな体で必死に海を蹴って、

この海を彷徨う

世界には7つの海があるって誰かが言ってたっけ?
僕は全てを見るんだ
この両目に刻み込むんだ
世界の全てを、この目に!!

・・・こうして、小さなイルカは、何十年もかけ、世界を旅し、世界を目にした
あらゆる美しい景色を目にしたし、
あらゆる困難もたった一人で乗り越えた

そうして、小さなイルカは、年老いたイルカになった
すべての海を見てまわったイルカは
それでも飽き足らず、
海と同じようにどこまでも広がるという「陸」という場所を次の旅に選んだ

飛び上がって陸地に上ったイルカは干からびて、

そして死んだ

・・・


このイルカは勇敢かな?
このイルカは無謀なだけのアホかな?
世界中を冒険してあらゆるものを見た、このイルカはかっこいいかな?
たった一人の友人もいなかった、このイルカの人生は虚しいかな?

憧れる?それとも可哀想?


これはただの、俺の頭にふと浮かんだ、小さなイルカの物語
[PR]
by yusuke_0328 | 2005-10-31 13:06